カードローンの返済における注意点

カードローンの利用においては、当然ですが、借入れたお金はできるだけ早く返したほうがいいです。

カードローンを長く利用していると、なかなか完済することができず、まるで普通預金のように出し入れして使ってしまうようになります。

カードローンでは借入れ額に応じた最低返済額を毎月返していく約定返済があります。

最低返済額だけを返していると、なかなか借入金が減っていきません。

借入れ期間が長くなるとそのぶんだけ利息の負担がかかってきます。

そのため、余裕のあるときには約定返済額以上の金額を随時返済していくことで早く借金を減額することができます。カードローンを利用していると、どれくらい利息を払っているのかあまり注意を払わなくなることもあります。

カードローン会社の公式ページには返済シミュレーションが用意してあることが多いので活用してみましょう。

シミュレーションは借入れ額や返済期間を入力すると瞬時に計算される便利なツールです。カードローンを長く利用すると思いのほか利息を支払わなければいけないことに驚くこともあります。そして、返済では期日に遅れないように返済することが大切です。1日でも返済が遅れると遅延損害金が発生します。具体的には、返済遅延している間は遅延損害金の利率で借金をしている状態になります。

そのぶん利息の負担が大きくなり、契約者の信用情報にも悪い影響をおよぼします。ですので、返済期日には確実に返済をするようにしましょう。



このページの先頭へ