キャッシングとカードローンでは、申し込み方法などが違います

キャッシングとカードローンでは、申し込み方法などが違ってきます。キャッシングというのは、利用しているクレジットカードから申し込むことになります。クレジットカードをつくる際には、キャッシングの機能をつけるかどうかを選択する必要があります。そして、キャッシングの機能をつける場合には、収入を証明する書類が必要になります。また、利用できる金額は、収入によって決まります。そんなことから、キャッシングで大きな金額の融資を受けることは、難しいかもしれません。そして、キャッシングを利用するならば、給料日前などに、ちょっとお金が足りないとかいった場合にするといいでしょう。

これに対して、カードローンというものは、口座を持っている銀行などで手続きができます。また、50万円くらいまでならば、即日で融資されることが多いです。そして、収入などを申告すれば、500万円くらいまで融資を受けられることがあります。そんなことから、急にまとまったお金が必要になった場合には、キャッシングよりもカードローンのほうが心強いものとなるでしょう。

キャッシングとカードローンとは、同じようなもののイメージがあります。しかし、その特性は異なります。自分の状況に合ったものを選ぶといいでしょう。


このページの先頭へ